正光堂時計店

 » オメガ/スピードマスター 修理事例

INFORMATION

オメガ/スピードマスター 修理事例 2018.10.9 BLOG

 

“手巻式”にこだわり続けている『オメガ スピードマスター プロフェッショナル』

しばらく調子が良かったものの、久しくオーバーホール(分解掃除)をしておらず、ついにリューズが“空回り”するようになり動かなくなったとの事でした。

「ゼンマイ交換」含め、必要な部品を交換・洗浄して、しっかり精度調整・防水検査をして完成しました。

以前のBlogにも記載してますが、『ゼンマイ切れ』はよくある故障例の一つ。

大切な時計が不調な場合は慌てず、まずは気軽にご相談くださいね。

 

Rolex/Repair

OMEGA/Repair

 

TOP