正光堂時計店

 » ロレックス/修理

INFORMATION

ロレックス/修理 2019.02.22 BLOG

 


 

年末よりお預かりしていたロレックスの修理が仕上がりました。

 

ゼンマイ切れによる動作不良のため『ゼンマイ交換』と、油切れによる『分解掃除(分解・洗浄・注油・組立・調整)』を行い、また元気に動き出してくれました。

 

この『油切れ』は、歯車の軸に注油している“潤滑油の劣化”のことで、何年もオーバーホールしてなければ 必ず起こります。

 

油切れの状態でも時計が動いていることがありますが、このような状態では動作抵抗がとても大きくなりますので 時間精度も狂い、部品に相当なダメージを負うことにもつながります。

 

車のエンジンオイルのようなイメージですね。

 

高級時計ほど部品も高額になりますので、やはり総合的に考えると5年前後の定期的なメンテナンスをオススメしたいところです。

 

部品が傷んでなければ、通常のオーバーホールで完了します。

 

 

ロレックス / オーバーホール 

35,000円+tax ~

TOP