正光堂時計店

 » 身近な“白内障” -前編-

INFORMATION

身近な“白内障” -前編- 2019.02.18 BLOG

 

 

早い人で40歳くらいから発症する『白内障』

 

白内障といってもさまざまな種類がありますが、加齢による原因が最も一般的で、水晶体が濁り かすみなどで視力低下を生じます。

 

60歳を過ぎると8割以上が発症し、75歳以上では2人に1人は手術が必要といわれており、“誰しも いつかは” といえる避けて通れない身近な眼病です。

 

そんな白内障のはなし。

 

実は、車の免許証更新のときに白内障と気付き、手術まで時間がなく“免許失効”となったケースが何度かございます。

 

視力不足(両眼0.7未満)で、慌てて眼鏡店に駆け込んだとしても『白内障』だと眼鏡で矯正しても視力は改善されません。

 

手術もすぐに、というわけにいかず…  

更新期限に間に合わず…

 

 

時間にもう少し余裕があれば、免許失効を回避できていたのかなと思うと、地域の眼鏡屋としてももう少しカバー出来るところがあったのかなと思うところです。

 

60歳以上のお客様は、免許更新の1年~半年前に一度視力検査をオススメしております。(眼科の定期検診もオススメします)

 

それだけ、当たり前になった白内障。

実はほとんどの方が術後も『メガネは必要』になってきます。

それに関しては、また近いうちお話します。

 

TOP