正光堂時計店

 » 身近な“白内障” -後編-

INFORMATION

身近な“白内障” -後編- 2019.02.20 BLOG

 

 

前回から引き続き、白内障について。

 

“白内障”になってしまった時は、日常生活に支障がなければ薬での治療が一般的ですが、残念ながら薬の効果は「抑制と予防」程度で根本的に治すことはできません。

 

最終的に 進行した場合は『手術』となります。

 

白内障の手術では 濁った水晶体を取り出し、そこに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。

 

眼内レンズ

 

『眼内レンズ』もさまざまな度数があり、術後の視力をどのくらいにするのか、患者さん一人ひとりの生活環境に合わせて決めていきます。

 

今まで「近視」「遠視」「乱視」が強かった方も、手術をすれば眼内レンズに変わるため、度数も弱くなり・濁りも取れて『良く見える』状態になります。

 

ただし、この眼内レンズは単焦点ですので『焦点が一か所しか合わない状態』になってしまいます。

※ 保険適用外なら『多焦点』もあります。

 

例えば、視力1.0で遠くがよく見える状態にすると、新聞など近くがボヤけてしまいます。

 

そんな “ピント調節機能ができない” 術後の視生活を補うのが『メガネ』なのです。

 

今では、眼内レンズ挿入者向けに開発された遠近両用レンズなどもあり、白内障術後も、一人ひとりの視生活に合わせたメガネをご提案することができます。

 

詳細はぜひお店にてご相談ください。

 

 

最後に、 『白内障』は加齢とともに発症する、とても身近な眼病です。 

 

60代~のお客様には、なるべく『眼科と眼鏡店』両方の検査・相談をオススメしています。

 

そして、見え方に気になることがありましたら、いつでもお気軽にお申し付けください。

 

眼鏡専門店として出来ることを、ご提案いたします。

TOP