正光堂時計店

 » BLOG

INFORMATION

YUICHI TOYAMA. 新作インナーリム 2018.01.26 BLOG

 

 

ここまで冷え込むと、春の気配はまだまだ遠く。

先日入荷した YUICHI TOYAMA. “ Alfred ” のインナーリムタイプが届きました。

よくあるインナーリムとは違い、YUICHI TOYAMA. ならではの 繊細さを感じとることが出来ます。

奇をてらわずに違いを出せる、数少ないブランドです。

 

U-080W  Col.06 デミ(ベッコウ柄)/グレー

 

 

 

【腕時計修理】ブルガリ/ディアゴノ 2018.01.24 BLOG

 

BVLGARI 『ディアゴノ』の修理が仕上がりました。

クォーツ式ですが、電池のマイナス端子に “漏液” があり回路を交換することに。

また以前、他店さまにて竜頭の修理をした際、 他社製のリュウズに交換した為

防水検査が出来なかったとのことでしたので、今回は純正の竜頭を探して交換しました。

デザインも調子も良くなり、安心しました。

たまに「クォーツ時計もオーバーホールをしたほうがいいの?」 と、聞かれることがありますが

基本クオーツ時計も、機械式と同じように 潤滑油の劣化や部品の磨耗が起こり

そのまま長期間放置すると 不具合が生じることがあります。

「電池交換をしても動かない」

「電池寿命が急に短くなった」

こんなときは分解掃除(オーバーホール)をオススメします。

ブランドによって部品の入手が難しいモノもありますが

柔軟な対応を心掛けておりますので、時計のことは お気軽にご相談くださいね

 

 

シーンに合わせたレンズ 2018.01.22 BLOG

 

 

雨から雪に変わり、久しぶりに山香にも雪が積もりました。

こんな日はお店でじっくり加工。

最近のメガネレンズは様々な設計があり、単純に「遠く/近くが見えるメガネ」ではなく

より細かく、一人ひとりの使う用途に合わせたレンズを選べるようになっています。

フレームとは違い、「レンズのことはお店の方にお任せ」という方も多いかと思いますが

だからこそ、相談しやすい専門店で じっくりあなたに合ったレンズを提案してもらってはいかがでしょうか。

特に40代以上からは レンズの選択肢もかなり広がります。

見え方の体験も出来ますので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

YUICHI TOYAMA. より新作入荷 2018.01.18 BLOG

 

秋の展示会でPICKUPした YUICHI TOYAMA の新作が入荷しました。

お問い合わせや入荷連絡ご希望のお客様も増え

もはや正光堂時計店の看板ブランドとなっているYUICHI TOYAMA。

幅広い年齢層のお客様から支持されていることも、うれしいところです。

今回の “Alfred” はダブルダッチのコンセプトを継承しつつ

USH時代の “Nolan” を彷彿とさせる、まさに定番のデザイン。

また一つ、皆さんに提案したいアイウェアが揃いました。

上: Alfred Col.01 ゴールド/ブラック

下: Alfred Col.03 シルバー

 

 

Radio Controlled Solar Watches 2018.01.16 BLOG

 

 

大切な方から頂いた 大切な腕時計ということで、今回修理にお持込み頂いた腕時計。

腕時計の修理は「機械式」や「クォーツ式」が殆どですが、最近は「電波ソーラー式」もチラホラと。

基本、電波ソーラー時計は『メーカー修理』となるために 一旦見積もりを取ってからの修理となります。

ソーラー時計に内蔵されている二次電池は、長期的な使用や使用環境によって容量や充電効率が低下していきます。

また、歯車を内蔵した他の時計と同様に、潤滑油の劣化等の影響によって消費電流量が増加する場合がございます。

今回の原因は、「ゴミ」と「油切れ」によるもので “ 分解掃除 ” で直りました。

今後は『電波ソーラー時計』の修理も増える予測ですので

お困りの際は、お気軽にご相談くださいね。

 

TOP