正光堂時計店

 » WATCH/CLOCK

INFORMATION

G-SHOCK 入荷しました。 2020.07.27 BLOG

 

 

 

久しぶりにG-SHOCKを仕入れました。

 

 

こちらはブラック×ローズゴールドの上品なカラーリング。

 

 

通常よりコンパクトなサイズに仕上げており、G-SHOCK特有のゴツゴツ感を抑えた装着感も良いモデルです^^

 

 

<GMD-B800-1JF>

 

 

<GMA-B800-1AJR>

 

 

 

 

「耐衝撃」「20気圧防水」に加え、Bluetooth®通信でスマートフォンから専用アプリ「G-SHOCK Connected」に接続すると、毎日の歩数や消費カロリーなどの確認ができます。

 

 

この時にスマホの時刻を「自動設定」にすれば、ほぼ“電波時計のような”精度になります!

 

 

アナログとデジタル。

 

 

お好きなタイプをどうぞ^^

 

 

 

 

G-SHOCK GMD-B800-1JF(デジタル)

 

G-SHOCK GMA-B800-1AJR(アナログ)

 

 

 

ROLEX デイトジャスト | 修理 2020.07.9 BLOG

 

 

 

ROLEX デイトジャスト レディース・コンビ

 

 

「動いてはいるが、時計を振ると今までは聴こえなかった“カラカラ音”がする」

 

 

ご相談で初めてご来店いただいたお客様。

 

 

何年もオーバーホールをしてないということもあり、オーバーホールを含めお預かりすることに。

 

 

原因はローター真の劣化(摩耗)。

 

ローター真の部品交換とついでにゼンマイも交換しました。

 

 

・分解掃除(OH)
・ローター真交換
・ゼンマイ交換
・磁気帯び(脱磁)
・日送り時刻ズレ修正

 

 

最後に出来る範囲で磨き(ライトポリッシュ)を施して、完成です。

 

 

 

やはり定期的なオーバーホールは必要ですね。

 

 

いつでもお気軽に ご相談ください^^

 

 

 

 

60’s | セイコーマチック 2020.06.30 BLOG

 

 

1960年代の自動巻き腕時計『セイコーマチック 26石・ダイヤショック』

 

 

当時、ビジネスマンからの人気が高く“セイコービジネス”とも言われてたそうです。

 

 

動かない状態でお持ち込みいただきましたが、オーバーホールで無事動くようになりました。

 

 

フルスペルのウィークデータが何ともバランスよく、60年前の腕時計とは思えないほど、現在でも通用する意匠を凝らした腕時計です。

 

 

 

 

1940’S | 精工舎 2020.06.13 BLOG

 

 

以前、ご紹介した精工舎(SEIKO)のアンティーク置時計。

 

 

何回も分解・調整を繰り返しながら ようやく仕上がりました。

 

 

 

台底に時打ちの鐘があります。

 

 

 

見た目以上に重量があります。

 

 

 

1940年代の置時計。

 

 

約80年近くに作られたものですが、中を見るといくつか修理の形跡が見受けられます。

 

 

この時計に携わった職人さんたちが 今まで丁寧に仕事をしてくれたからこそ、ここまで持っているんだと思います。

 

 

修理をする人も時代を経て、受け継いでいる感覚です。

 

 

 

 

再々入荷 | スマートウォッチ 2020.05.30 BLOG

 

 

人気のスマートウォッチが再々入荷しました。

 

お手軽なプライスですが、本格的な機能が満載の入門編スマートウォッチ。

 

専用アプリをダウンロードして、スマートフォンと連動してくださいね。

 

機能などの詳細はこちらをご覧ください↓

 

【SMART WATCH /  CS-1K】

 

 

 

《6月1日から通常営業です》

9:00 – 19:00

定休:日曜

 

 

 

 

1 2 3 4 5 19

TOP