正光堂時計店

 » WATCH/CLOCK

INFORMATION

ROLEX | ミルガウス | オーバーホール 2020.02.26 BLOG

 

 

 

9年前にご購入されたロレックス/ミルガウス

 

他のロレックスにはない個性を持ったミルガウス。

1000ガウスまでの磁気に耐える“耐磁時計”として有名です。

 

 

今回、特にぶつけたり・落としたりしてないとのことですが、止まったまま動かない状態でお持ち込みいただきました。

 

 

原因はやはり『ゼンマイ切れ』

 

 

現在ロレックスのオーバーホールは1ヶ月~2ヶ月ほどお時間いただいております。

 

また部品破損などは、部品取り寄せでもう少しお時間かかることもございます。

 

ロレックスのこともお気軽にご相談くださいね。

 

 

オススメのレザーベルト 2020.02.17 BLOG

 

腕時計を形成するうえで欠かせないベルト(バンド)

 

むしろベルトによって腕時計全体のイメージが変わってしまうといっても過言ではありません。

 

レザーベルトなどは消耗品として2~3年のサイクルで交換されることが多いですが、今ではいろんなベルトがリリースされているため その都度イメージを変えたりと、気分によって楽しめることのできるアイテムです。

 

今回は個人的にも欲しかった少し光沢のある「グリーン」「ネイビー」「レッド」のレザーが新作としてリリースされました。

 

 

もともと高価格帯のレザーではグリーンもあったのですが、お買い求めしやすい価格帯では今回の新作が初めて。

 

豊富なサイズ(10~22ミリ)があり、「撥水加工」と裏面は「抗菌防臭ラバー材」を採用しております。

 

 

イメージとして1966年製のセイコー5DXに取り付けてみました。

<グリーン>  4,000円+tax

 

<ネイビー>  4,000円+tax

 

ベルト一つでかなり雰囲気が変わりますね。

 

 

 

そして今回よりご自身でも付け替え可能な『クイックレバー』を採用!

レバーをずらせと簡単に外せます!

 

 

またサイドには高級ベルトに施してある「ネン」が入っており引き締まった雰囲気になってます。

 

 

 

その他、ガーミンなどのスマートウォッチにも対応しているベルトもリリースされてます!

 

いつもでお気軽にご相談ください^^

 

 

BABY-G × HELLO KITTY 2020.02.14 BLOG

 

Baby-G 25周年&HELLO KITTY45周年として昨年3月に数量限定で発売された『Baby-G × HELLO KITTY 』のアニバーサリーモデル。

 

 

今回ご注文でしたが、発売より一年近く経っているため正直厳しいかなと思っていたところ1本のみ入荷できました!(カシオ公式オンラインでは すでに販売終了)

 

25周年と45周年にちなんで、それぞれの位置にアイコンが表示されています。

 

限定品の付属として、時計スタンド(キティちゃんバージョン)とピンクキルトのポーチも付属してます。

 

 

喜んでもらえて良かったです^^

 

 

19セイコー(60’s /鉄道時計) 2020.02.12 BLOG

[1960年代] SEIKO / Precision 手巻き懐中時計 / 15石

 

 

戦前より、SEIKOから作られていた名機の一つ、通称『19セイコー』と呼ばれている鉄道時計。

 

 

こちらは戦後の後期モデル(1960年代)の19セイコー

 

この鉄道時計には面白い機能が備わっており通常、竜頭を引くとその瞬間に秒針が止まる(ハック機能)のですが、この時計は竜頭を引いても秒針が”12位置”まで動き、12時の位置になったら止まるという面白い機構となっています。

 

当時から正確な時間を求める鉄道時計ならではの工夫が備わっていたんですね。

 

 

そんな19セイコー。

 

ゼンマイ切れで止まったままの状態でお持ち込みいただきましたが、古いアンティークなどは部品(今回はゼンマイ)自体を探すのに大変苦労し、ほとんど手に入りません。。

 

 

今回は奇跡的に一つだけ当店の部品ストックにあった為、ゼンマイ交換をすることができました。

 

その他、油切れや凝固などで劣化も多数ありましたが、分解掃除で無事に完了!

 

 

チクタク音の響きがなんとも懐かしく

“そう 急ぎなさんな” と云われてるかのようです。

 

 

時代を共にした鉄道時計

また大切にお使いいただければ。

 

 

ロレックス | 修理 2020.02.5 BLOG

 

動かない状態でお持ち込みいただいたロレックス/サブマリーナ

 

ケースを振っても針は動かず、リューズを巻いても空回りな感触。

 

お預かりして修理となりました。

 

案の定、止まりの原因は“ゼンマイ切れ”

 

今までもいくつかゼンマイ切れの修理を掲載していますが、非常に交換頻度の高い部品です。(ゼンマイは消耗品扱い)

 

 

ゼンマイは中心になるほど強い力が掛かってしまうため、切れる部分も中心部がほとんどです。

 

汚れもこんな感じに。。

 

 

 

 

オーバーホールを終え、無事に修理も完了しました。

 

 

ロレックスのオーバーホールは通常1か月半~2か月ほどお預かりいただいてます。(部品調達などでお時間かかることもございます)

 

お気軽にご相談ください。

 

 

1 2 3 4 5 16

TOP